luxlit:

http://fixshadows.tumblr.com/
"

普通、染め物や絵の具なんかの色は、特定波長を吸収し、残りの波長を跳ね返して知覚されますよね。

「つまり素材がエネルギーを吸収している、だから時間の経過とともに素材が色褪せてしまうのだ」と語るのは、研究を率いるハーバード大工学・応用科学学部ヴィノサン・N・マノハラン(Vinothan N. Manoharan)教授。

その点、鳥の羽は光の特定波長を増幅させるナノ構造を備えている、つまりエネルギーの吸収はない、だから鮮度を失わない、色褪せないというわけです。

これは俗に「構造色(structural color)」と呼ばれるもの。

"

塗料もインキも不要。褪せない色、実現の鍵は鳥の羽 : ギズモード・ジャパン (via dotnuke)

(tprr65から)

" 犬はいくら目を凝らしても見えないし、鳥には嗅げない臭いがある。

 自分には見えない、嗅げない、そういったものが純然として「有り」、他人にはそれが「感知できる」ということは普通にありえる。
 もうすこしそれは意識すべきだと思う。"

組織のなかである集合が強くなると盲目化する。:島国大和のド畜生 (via ginzuna)

(tprr65から)

"画力や文章力って評価されやすいけど「構成のうまさ」って気づきにくいんですよね。天才と呼ばれる人達ってこの構成力が完璧で、例えば『カリオストロの城』はなんの紹介もなくセリフもほぼゼロなのに、冒頭だけでルパンが泥棒であること、信頼する仲間がいること、偽札が鍵なことを紹介しきるという。"

Twitter / tarareba722 (via hutaba)

(k-a-i-r-iから)

scalesofperception:

Minnesota Ice Fishing | Robert Benson

SoP | Scale of Environments

(yotta1000から)

bordem:

Dominic Nahr - Japan, Osaka, 2011

bordem:

Dominic Nahr - Japan, Osaka, 2011

(yotta1000から)

aurorae:

(by Tamara Lichtenstein)
aurorae:

Scan-120112-0005_01 (by Aleksey Myakishev)

aurorae:

Scan-120112-0005_01 (by Aleksey Myakishev)

(mri651から)

shihlun:

I-Hsuen Chen / 陳以軒 - Nowhere in Taiwan / 遍尋無處

2011

(kajitumblrから)